世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類 > 【国際】「昆虫食」が世界を救う? 日本の「昆虫料理研究会」にも海外注目 [H26/8/24]
■Latest Headline

【国際】「昆虫食」が世界を救う? 日本の「昆虫料理研究会」にも海外注目 [H26/8/24]

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :◆sRJYpneS5Y :2014/08/24(日)13:20:38 ID:???

今、「虫」が来ているという。ペットではない。食用としてだ。各国企業から国連に至るまで食虫に着目しているその訳とは、いったい何なのだろうか。

【人口爆発と食糧難の解決策】
 世界人口は2050年までに90億人に達するという見込みがある。特に中国やインドなど人口が多い国の所得が増加する中、肉食への需要が増えていると米科学技術雑誌「MITテクノロジーレビュー」は伝えている。

 国連の食料農業機関(FAO)が昨年発表したところによると、昆虫の多くは肉と同様のタンパク質やミネラルを含み、かつ脂肪分は肉よりも健康によい良質のものであるという。そこで、各国が食用虫に着目しているというわけだ。

 1999年に東京で発足した「昆虫料理研究会」代表の内山昭一氏は、これまでもレシピ本などを出しており、今後もレインボーカラーのチョコスプレーがけセミなど新たな分野も研究中である、と英デイリー・テレグラフは伝えている。

【なぜ食虫が環境に優しい?】
 内山氏は、栄養面だけでなく環境との共生になる「エコな昆虫食」という面にも着目しているという。いったい昆虫食のどこがエコなのだろうか。

 MITテクノロジーレビューによると、虫の飼育は土地も資源も少なくて済むという。例えば、1ヘクタールの土地で飼育できる虫が含むタンパク質の量は少なくとも年間150トンで、一方大豆は10トンにも満たないとのことだ。大豆は現在、生産量の95%が家畜の飼料として使われており、その代替としても虫が注目されているという。

続きはこちら NewSphere
http://newsphere.jp/national/20140824-1/


2 :名無しさん@おーぷん :2014/08/24(日)19:13:14 ID:wwru0hj0E

イナゴの佃煮


3 :名無しさん@おーぷん :2014/08/24(日)19:31:24 ID:yVowMfakh

最近レンタルしたスノーピアサーってSF映画で、ゴキブリをすりつぶした固形物を食べるシーンがあったよ。



twitterで超話題のビッチ動画がこちらwwww


4 :ケサランパサラン◆XWWxyP/7BYhA :2014/08/24(日)19:39:43 ID:jkoldiRWL

育てりゃ増えるのかな?
農薬その他の加減で、昔ながらのバッタや甲虫類は減っちゃったけど

逆に、耐性をつけたのか、カメムシとかは増えた気がする


5 :国交断絶◆0KmuDzgi8U :2014/08/24(日)19:41:23 ID:Wz38DjHJw

テョンのウンコ食の方が食糧難に、役立つかもw



Source : http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1408854038/
関連記事




ホビー・フィギュア通販

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 【国際】「昆虫食」が世界を救う? 日本の「昆虫料理研究会」にも海外注目  [H26/8/24]
■おすすめ記事

COMMENT

No.41421

その虫を蛙にくわせて蛙を食べたほうがいいんじゃない?
蛙は鶏肉ににてるっていうし、少なくとも肉の感じはあるんじゃまいか?

2014.08.24 | URL | 名無し++ #- [ 編集 ]

No.41423

そんな心配する必要無いのにな。
少し考えれば分かる。

2014.08.24 | URL | #- [ 編集 ]

No.41424

国策で自給率上げりゃ済む話なんだがな。
国力の低下が酷すぎてどうにもならん。
まあ、途上国が餓えても日本は餓えんよ。
少なくとも1~20年程度は。その後は知らん。

2014.08.24 | URL |    #- [ 編集 ]

No.41425

※41423
少ししか考えてないからわかってないんじゃないか?

根底にあるのはリンの枯渇の危機と海洋資源の減少。

食用魚類はたいていが肉食であり、養殖も小魚を大量消費して大型魚を得る手段なので資源の減少に拍車をかけてる。

もう一つの蛋白源生産である牧畜に関しては、家畜が食う草および穀物はリンを多く消費して育つものであり、石油よりも先にリンが枯渇するといわれてる現在においては結構な難問。

だからリンをあまり消費しないで生育する木質およびその葉を食べる昆虫に注目が集まってる。

2014.08.24 | URL |   #- [ 編集 ]

No.41426

※41424
農業従事者不足は別として(これも大問題だが)農作物の自給率を
あと10%程度上げようと思ったら飲料水が枯渇するレベルで
水不足が起こるそうだ。
農作物を輸入しているってことは、それを生育するための
水を輸入してるのと同じだからね。

2014.08.24 | URL | 名無し++ #- [ 編集 ]

No.41427

※41423
心配せんでも、弱い奴から淘汰されるから。
人間も地球に居る限り、食物連鎖の内に入ってる。

2014.08.24 | URL | #- [ 編集 ]

No.41428

むしろ食虫文化ってなんで世界的に根付かなかったのかが不思議
放っておいても増えるし割安だろうに

まあ食いたか無いけど

2014.08.24 | URL | 名無し++ #- [ 編集 ]

No.41429

No.41428
国によるんじゃない?
東南アジアやラオスとか中国だとアフリカだと結構食われてるよ

2014.08.25 | URL | #- [ 編集 ]

No.41430

北アメリカの北東部、シカゴとかでもセミを食う

2014.08.25 | URL |   #- [ 編集 ]

No.41457

FAOはいつも机上の空論ばかりだな。
虫養殖は、中国を除いてコンテナ輸送できる商業ベースに乗った国はないんだよ。中国も2,3種類のワームだけ。昆虫の成虫ではない。せいぜい魚用のコオロギ。これも飼育コストが高すぎて、高級観賞魚でしか使えない。
可能性があるのは、昆虫ではなくてゴカイなどの海生ワームだよ。

2014.08.25 | URL | #- [ 編集 ]

No.41459

稀に良く大発生するイナゴ
あれ喰えないの?

2014.08.25 | URL | #- [ 編集 ]



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

«  | HOME |  »