世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類 > 米空母を撃沈させる新兵器、中国が開発か
■Latest Headline

米空母を撃沈させる新兵器、中国が開発か

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ガラケー記者 ★@\(^o^)/:2017/06/14(水) 13:54:45.65 ID:CAP_USER.net

2017年6月12日、環球時報によると、米ナショナル・インタレスト誌は10日、「中国が米国空母を撃沈させる新たな手段を見いだした可能性がある」との記事を掲載した。

中国公式メディアはこのほど、太陽光エネルギーで飛行する大型無人機「彩虹−T4」が高度2万メートルの高高度の飛行に成功したと報じた。高度2万メートルの上空には雲がなく、飛行可能時間は大幅に増え、事実上ほぼ無限に飛行し続けられることになる。

国際政治学者で安全保障論が専門のP・W・シンガー氏は、彩虹−T4は高高度を飛行できることから、少ない移動距離で多くの地域をカバーできると指摘。同機はボーイング737よりも大きいという。

偵察や監視、通信で多大な効力を発揮するとみられるが、米国にとっては「空母キラー」になる可能性もある。中国の準中距離弾道ミサイル「東風−21(DF−21)」ばかりに注目が集まっているが、ミサイル以上に重要なのが攻撃目標のリアルタイム情報となる。

従来の監視システムを上回る性能を持ち、衛星よりも安価で運用が簡単な上、高高度を飛行することから攻撃されにくい。彩虹−T4の登場で米軍の中国への対応は複雑性がいっそう増すことになる。
Record china
2017年6月13日(火) 19時50分
http://www.recordchina.co.jp/a180968.html



2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 13:56:25.74 ID:z7h13qtt.net

高く飛んだら狙い撃ちされるだけ



6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 13:59:27.24 ID:CShOQwDQ.net

小型高速潜水艇で特攻。この一点のみ。




twitterで超話題のビッチ動画がこちらwwww


12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:04:43.36 ID:otptsmqp.net

空母やジェットエンジンが作れない代わりに、トンデモ兵器を



17 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:07:36.43 ID:yYkTtADL.net

プロペラの太陽電池パネルの偵察機....
どう見ても、先に叩かれて、偵察任務には使えそうにないな。



27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:13:46.27 ID:HTrew9UR.net

その上からアメリカの衛星が見てるだろ



28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:14:04.45 ID:/gaR2ZPd.net

こんなの平時にしか使えんぞ



35 :量産型メテオキャノン@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:17:37.93 ID:c3HfkqfF.net

動いてる的に当てるのって超難しいのに
なんで簡単だと思ってるんだろう?



41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:20:31.18 ID:BEc/CXFW.net

米海軍 キャーこわーい 対抗策のために予算増額お替り



48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:23:49.37 ID:scThtH+Y.net

ほぼ永久って、凄いな。
超高高度まで上がると夜でもソーラー機が飛べるのか!
作戦空域を外れて飛んでも意味ないんだから
夜でも飛べるってことですよね。



50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:24:24.79 ID:imy1KCJX.net

空母探知のレーダー載せると重くなるし
それに必要な電力は太陽光だとまかないきれないし
あんまり意味はないと思うなぁ



53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:26:39.24 ID:xtHC1BMB.net

中華の戦争はまずほら吹き合戦から



60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:29:45.89 ID:G4YSqd4g.net

無防備に飛んでるけど絶対に撃墜しちゃダメアルよ!!



71 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:35:51.95 ID:XgFitA3v.net

THAADの的に丁度良いかな



75 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:37:28.48 ID:qZkBfdlG.net

ドローンの空中空母



84 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 14:43:38.05 ID:m+uvEFk5.net

先行者飛行形体?



110 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 15:07:08.89 ID:T7YNKjyb.net

高度2万メートルって厄介だな。
日本の領空に来たとしても、存在を確認しようにも自衛隊機近づけないし、
法制上簡単に打ち落とせないし。



135 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 15:28:40.34 ID:5MhCF3F9.net

監視するにしても大型センサーを搭載して、さらに長距離通信機器を積む必要がある
それを補う電力とソーラー技術とそれを支えるプロペラ
アメリカですら今の技術だと無理じゃね?
それを中国がブレイクスルーして開発したとは思えない
特にソーラーはここ何十年も大きな革命がなくて中国が技術盗用で量産化して値段が下がっただけ



136 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 15:28:42.36 ID:1B1J1mEU.net

今はミサイル戦争時代
ミサイルを持たない日本は戦争になったら一方的に撃ちこまれて終わり



153 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 16:11:55.71 ID:vwpDZRxD.net

その彩虹も米軍の防空網に引っかかったらアウトなわけで



159 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 16:42:37.06 ID:JtXXah7S.net

不沈空母があるから無問題



166 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 17:08:31.97 ID:GlNoLDLR.net

こいつにハゲを搭載すれば完全永久機関の完成



167 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 17:08:36.89 ID:0uiwOvau.net

しかしさ、JAXA / 防衛省もちんたらしてて良いのかな?
このシステムは国土監視システムとしてかなり重要だと思うけどな。



177 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 17:32:14.14 ID:acaQL/nW.net

アメリカより国内心配しろよ



191 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/14(水) 22:55:24.32 ID:jTzmpDd0.net

開発したところで上手くいかないと思うんだし、そんなん作るのなら潜水艦極めたらどうよ?
銅鑼を鳴らしながらいくようなもんでしょ



196 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/06/18(日) 00:01:22.23 ID:bL0/Tqdc.net

廃熱がほとんどない電動機で下面ステルスにすれば捕捉は難しい




Source : http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1497416085/
関連記事




ホビー・フィギュア通販

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 米空母を撃沈させる新兵器、中国が開発か
■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

«  | HOME |  »