世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類 > 安倍首相夫妻や被爆者、元特攻隊員らが作った折り鶴を真珠湾に寄贈
■Latest Headline

安倍首相夫妻や被爆者、元特攻隊員らが作った折り鶴を真珠湾に寄贈

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :転載したら抗議に行くよ@Ttongsulian ★:2017/01/07(土) 19:37:15.03 ID:CAP_USER.net


6日、米ハワイ・真珠湾のアリゾナ記念館のビジターセンター前に並ぶ佐々木祐滋さん(右から2人目)らと寄贈した折り鶴

 広島市の平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんのおいで被爆2世の祐滋さん(46)=東京都=が6日、ハワイ・真珠湾のアリゾナ記念館のビジターセンターに安倍晋三首相夫妻や被爆者、元特攻隊員らが作った折り鶴約3千羽を寄贈した。

 佐々木さんは昨年5月に現職として初めて広島を訪問したオバマ米大統領が自作の折り鶴4羽を寄贈したことが「禎子の遺族として非常にうれしく、お返しがしたいと思った」という。その後さまざまな人に声を掛け、被爆者や日本の中学生、徳島市在住の元特攻隊員田尻正人さん(94)らに鶴を折ってもらった。

2017/01/07 18:57
https://this.kiji.is/190391797303607298?c=39546741839462401

【米大統領広島訪問】オバマ大統領、自身が折った4羽の折り鶴を原爆資料館に寄贈[05/27]
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464361683/
【長崎】オバマ大統領の折り鶴、長崎原爆資料館で展示始まる 広島市から借り受け
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472871482/
【外交】「ホワイトハウスで折った」オバマ大統領から長崎市に折り鶴届く
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483731836/



2 :七つの海の名無しさん:2017/01/07(土) 19:40:18.41 ID:kKazHQwT.net

オバマの真似すんな



7 :七つの海の名無しさん:2017/01/07(土) 20:31:33.76 ID:XmUT9att.net

安倍オバマ外交のエピローグと言ったところか。
まぁいいだろう。

オバマはすっかり演説だけの無能大統領という評価になってしまった。
ウクライナ、シリア情勢を見れば致し方無いだろう。
日本とも首相大統領間では結局ロンヤスのような緊密関係にも至らず
ビジネスライクだったと聞く。
まぁ日米以外の世界情勢が悪すぎて結果的に日米が”不動の同盟”という
ことになったが、
安倍オバマ外交の正当な評価は後世の歴史化が下すだろう。




twitterで超話題のビッチ動画がこちらwwww



Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1483785435/
関連記事




ホビー・フィギュア通販

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 安倍首相夫妻や被爆者、元特攻隊員らが作った折り鶴を真珠湾に寄贈
■おすすめ記事

COMMENT

No.46513

まあ偽善かもしれんが正攻法ではある

奇襲やテロを善しとした戦前を繰り返さないために、テロ防止法案はぜひ通して欲しいと思う
食い詰めた成り上がり志望者が場を荒らして世間に言うことを聞かせた結果があの悲惨な太平洋戦争だ

同じ轍を踏むわけにはいかん。俺も若手だと思ってるが、同い年くらいの若造がおためごかしと奇襲だけで国政を動かそうなんてのは絶対におかしいと思う
よしんば成就しても、国が追い詰められた時にまたその価値観が出てきて後悔することになるだろう。それが明治維新であり、太平洋戦争だ

個人攻撃をしたいのではなくて、テロリズムには反対しないといけないということだ。2.26が世の中を動かしたかもしれんけど、それは善い方向でなかったのは明らかだ。これは、平和国家を維持するために大切な認識だと思ってる

2017.04.04 | URL | 名無し #- [ 編集 ]



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

«  | HOME |  »