世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


最新記事

ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類 > 米英の「まさか」、世界を揺らす 激動2016 米次期大統領にトランプ氏、英国はEU離脱決定
■Latest Headline

米英の「まさか」、世界を揺らす 激動2016 米次期大統領にトランプ氏、英国はEU離脱決定

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :七つの海の@jibsail007 ★:2017/01/01(日) 02:12:38.62 ID:CAP_USER.net

2016/12/31 日本経済新聞 配信
2016年は1年前には想像もしていなかったニュースの連発だった。過去の経験や世論調査で固められたメインシナリオは一瞬で崩れ、
小さな可能性とみていたことが新たな常識になった。各分野の担当記者が歴史的な出来事を振り返るとともに、17年の気になるテーマを展望してみた。

1章 ベラルに反発、分断あらわ
2章 来年は… ツイッター発「劇場型」政治展開
3章 「反移民」の波高く

■リベラルに反発、分断あらわ

 米大統領選の最終盤まで劣勢とみられていた不動産王ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン前国務長官を破り、次期大統領に就く。
8年のオバマ政権の間にたまった社会への不満を代弁したトランプ氏への支持は、予想以上に強かった。
英国の欧州連合(EU)離脱など驚きの投票結果が続いた2016年の余波は17年も続きそうだ。

 米政治専門サイトのリアル・クリア・ポリティクスの集計では、大統領選直前の全米支持率(11月1~7日)の平均はクリントン氏が
3.2ポイント差をつけて優位だった。本番の得票率でもクリントン氏が約2ポイント上回り、調査はほぼ誤差の範囲だったといえる。

[参照画像:トランプ]


 しかし鉄鋼業など輸出不振企業が集まるラストベルト(さびた地帯)と呼ばれる中西部の一部の激戦州で、トランプ氏の得票が想定以上に伸びた。
州で勝った候補が選挙人を総取りする制度によって、トランプ氏が過半数の選挙人を確保する結果となった。

 クリントン氏の誤算は「女性初の大統領」への抵抗が強かったことだ。トランプ氏の男性の得票率は53%に達した一方、
女性のクリントン氏への投票は伸びなかった。白人労働者の票を掘り起こしたこともトランプ氏の勝利につながった。
この層は普段は投票に行かない人も多いとみられていたが、移民や環太平洋経済連携協定(TPP)批判など、
労働者層の不満を代弁したトランプ氏に共鳴して動いた。

SNS(交流サイト)で飛び交った偽ニュースの影響も大きかった。
米主要テレビ・新聞がトランプ氏批判のニュース一色だったなかで、トランプ支持層は主要メディアをエスタブリッシュメント(支配階級)とみなし、信用しなかった。

 逆に支持を集めたのが、極右的な思想「オルトライト(ネット右翼)」を標榜するネットニュースだ。
差別や偏見に反対する「ポリティカル・コレクトネス(政治的な適切さ)」を批判し、白人至上主義を公然と唱える。
クリントン氏が人身売買をしていると信じた男性が、現場とされた首都ワシントンのピザ店を襲撃する事件も起きた。

 オバマ大統領の任期中に進んだ米国社会のリベラル化への反発は強かったようだ。
政治やメディアが信頼を失い、大きな分断があらわになった米国社会をトランプ氏がどう立て直すのかにも関心が集まっている。

■来年は… ツイッター発「劇場型」政治展開

 トランプ次期政権は選挙戦と同じく「劇場型」政治を進めることになりそうだ。
トランプ氏は政権づくりにあたってツイッターを多用。
「ベン・カーソン氏を住宅都市開発長官に真剣に検討している」と意中の人物を正式発表前に明かすこともある。

 米とキューバの国交回復再交渉や、中国の南シナ海進出への批判、大統領専用機の開発費高騰を指摘したのもツイッターだった。
「報道機関が正しく立派に報じていればツイッターを使う理由はほとんどないのだが」とトランプ氏は語る。

 ロシアとの接近を示唆するトランプ次期政権では、テロとの共闘など中東情勢に大きな変化をもたらしそうだ。
2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を主張していることも、国際社会への衝撃は大きい。

 一方で公約の多くが実現しない恐れもある。メキシコ国境への壁建設、巨額のインフラ投資は財源の見通しが立たない。
撤廃をうたっていた医療保険制度改革法(オバマケア)はすでに軌道修正を表明した。

 日米同盟への影響はまだ見通せない。駐留米軍の費用負担増を主張していたトランプ氏だが、大統領選勝利後には言及を避けている。
安全保障の担当閣僚を元軍人が占めたことから、次期政権が同盟重視の姿勢を維持するとの観測もある。
(ワシントン=川合智之)
ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11232920Z21C16A2M12201/?n_cid=NMAIL003
[続く]



4 :七つの海の@jibsail007 ★:2017/01/01(日) 02:21:21.39 ID:CAP_USER.net

お詫び
なにかの手違いでニュースHeadlineタイトルで、すごく長いことになってしまいました。
お詫びします。
修正がききません。



5 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 02:42:17.46 ID:GLJO+IjK.net

米英の番狂わせの主因は「難民問題」。それほどデカい話だから「カネだけ出して玄関を閉めておく」政策が正しい。




twitterで超話題のビッチ動画がこちらwwww


10 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 04:31:26.46 ID:jMROuHep.net

女性初の大統領への抵抗www
分析し直せよw



14 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 07:12:41.82 ID:h9eilRSU.net

「あの」電通にも穴開けたからな
いつも世論の奥に引っ込んで、絶対姿を見せなかった電通に
光が当たった



19 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 08:28:41.23 ID:UCfqtNbf.net

ほほほ



23 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 11:18:57.26 ID:jPxWUDeJ.net

米英「今年も仲良く世界を揺らすぜ!よ ろ し く w」



32 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 14:08:07.34 ID:JFEtYo7w.net

英米のまさかを生み出したのは反グローバリズムの機運だが
日本国内でグローバリズムに相当するのが首都利権による東京一極集中
これに対する反動は今年以降必ず出てくるし、これ無くして日本の未来はない



39 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 14:32:41.37 ID:ZpWpXW8f.net

「まさか」つーけどな
腰を抜かしたのは国民が知っていることを知らないか無視していた
政治家とマスコミだけだぞ
「パンがないならケーキ食え」と本質的に変わってないのだ



42 :七つの海の名無しさん:2017/01/01(日) 14:41:32.69 ID:jPxWUDeJ.net

少なくとも朝日・毎日が潰れれば日本の幸福度ランキング上昇は間違いない



57 :七つの海の名無しさん:2017/01/02(月) 09:01:50.32 ID:wUwnNNmG.net

今の経済自由至上主義はリバタリアンの系譜でしょ
文革アフガンから目を逸らさせ西側を混乱させるために
とにかく個人の自由にしろ
国家権力はなにもするなとわめき散らした
だから朝日なんかも構造改革TPP大賛成




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1483204358/
関連記事




ホビー・フィギュア通販

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 米英の「まさか」、世界を揺らす 激動2016 米次期大統領にトランプ氏、英国はEU離脱決定
■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

«  | HOME |  »