世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類 > 米大統領選、「究極の選択」でトランプ氏を選ぶ人たち
■Latest Headline

米大統領選、「究極の選択」でトランプ氏を選ぶ人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :白夜φ ★:2016/09/27(火) 00:21:13.67 ID:CAP_USER.net

米大統領選、「究極の選択」でトランプ氏を選ぶ人たち

【9月26日 AFP】米大統領選の本選が11月に迫るなか、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が大統領にふさわしいのは明らかだとみる有権者は少なくない。
共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏よりもヒラリー氏は確実に政治経験を積んでいるからだ。

だが、かつての主要産業だった製造業や重工業が衰退した地域「ラストベルト(Rust Belt、さびの帯)」のペンシルベニア(Pennsylvania)州とオハイオ(Ohio)州を訪れると、そうした論理は通じないとすぐにわかる。

「ほかの人たちと同様に、私もトランプ氏に懸念を抱いている」と、過去の大統領選で2度ビル・クリントン(Bill Clinton)氏に投票したという弁護士のアレックス・モートンさん(67)は語る。

ならば当然、今回はヒラリー氏に投票するのではと尋ねると「それはノーだ」とモートンさんは答えた。
家族に対する価値観が重要だと分かったのだという。

「彼女が誠実な女性だったら、夫(ビル・クリントン氏)が女たらしな男だと分かったときに別れていたはずだ」とモートンさんはいう。
「あの時、彼女が夫と別れていたら、私は彼女をもっと尊敬していたと思う。でも彼女はそうしなかった。つまり彼女は根本的に不誠実な人間ということだ」

■どちらが大統領でも「面倒なことに」

オハイオ州アクロン(Akron)に近い小さな町バーバートン(Barberton)は11月8日の本選で勝敗を左右する鍵となる地域だ。

この町に住むアーティストで銃を携帯しているアラン・バックリーさん(66)は「どちらが大統領になろうが、どうでもいい」という。
バックリーさんのパートナーで障害があり無職のパメラ・ミグナノさん(61)もバックリーさんに同意し「どちらが(大統領に)なっても面倒なことになるのは変わりない」と付け加えた。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:AFPBBNews 2016年09月26日 14:28 発信地:バーバートン/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3102151



6 :七つの海の名無しさん:2016/09/27(火) 01:00:18.97 ID:uMdjjqFt.net

ヒラリーは金と権力のためなら、どんな事でもやる最悪の女



8 :七つの海の名無しさん:2016/09/27(火) 01:30:29.88 ID:n/JDcPwC.net

学生時代から連れ添っていて、ふたりであっちじゃないかしらこっちかなということをやっていたわけだから、
あるていどわかっているとは思うけどね。




twitterで超話題のビッチ動画がこちらwwww


14 :七つの海の名無しさん:2016/09/27(火) 11:16:03.66 ID:5ogSvLXY.net

どっちでもいいよ。
歴代大統領形は変われどもみんな搾取政策ばっかじゃん。
逆にトランプのほうが日本が自立できるかも。



16 :七つの海の名無しさん:2016/09/27(火) 14:56:24.59 ID:06ruIbHF.net

トランプじゃないと世の中変わらないよ



20 :七つの海の名無しさん:2016/09/27(火) 17:16:41.80 ID:GrWrV2T+.net

おいおい、どうしちゃったアメリカ...とは思うものの、これがニュースにされるほどの「異常事態」であるだけ日本よかマシだとは思う。
日本で「国民が『あの党よりマシ』なんて理由で投票してる!」とかニュース記事書いたら頭が心配されるレベルだもんね。




Source : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1474903273/
関連記事




ホビー・フィギュア通販

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

あとで読む このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 米大統領選、「究極の選択」でトランプ氏を選ぶ人たち
■おすすめ記事

COMMENT



:
:
:
:


:

管理者にだけ表示を許可する :

«  | HOME |  »