世界ニュース( ´_ゝ`)

Sponser


ITEMs

PickUP

ITEMs

逆アクセスRANK

Ad



Rakuten

Ad



BookMarkd

プロフィール

worldnews


相互RSS・リンク募集中!!
↓メールフォームより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TOP > 未分類
■Latest Headline

ブラジル司会者が韓国アイドルに差別発言、両国ネット舌戦

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:38:17.52 ID:CAP_USER.net

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/25/2017072503371.html

 ブラジルのテレビ番組に出演した韓国のアイドルグループに対し、ブラジルの有名司会者が人種差別的な発言を繰り返し、この動画がインターネットで拡散して両国のネットユーザーが火花を散らしている。

 英国BBCは23日(現地時間)、短文投稿サイト「ツイッター」に最近、韓国人を批判する「#doyouwantkorea」というハッシュタグを付けたツイートが40万件以上書き込まれていると報じた。主にブラジル国籍のユーザーが、韓国人を「人種差別的」だとして非難する内容を投稿しているという。

 ブラジルと韓国のネットユーザーによる「舌戦」は、15日に放送されたブラジルのテレビ番組が発端だった。ブラジルの人気番組の司会者ハウル・ジル氏が、ゲストとして出演した韓国の男女4人組アイドル「KARD」に対し、人種差別的な発言を繰り返したのだ。

 ジル氏は両目の目尻を指で上につり上げ「(彼らと)結婚したら目が細くなるぞ」と言った。目尻を引っ張るジェスチャーは東洋人の目の形を卑下する典型的な人種差別だ。

 この動画はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて急速に拡散し、韓国のネットユーザーからは司会者とブラジルを批判するコメントが相次いだ。一部ネットユーザーがブラジルを「後進国」「貧しい国」と攻撃し、この発言もネットで広まったため、今度はブラジルのネットユーザーが激怒した。

 「#doyouwantkorea」のハッシュタグを拡散したブラジル人女性は、BBCとのインタビューで「彼らが偏見を広めることを望んだので、私たちもこのようなやり方で報復することにした」と話した。また「こんなに大きな騒ぎになるとは思わなかった。だがブラジルのインターネット利用とK−POPコミュニティーは非常に活発だ」とも説明した。

 BBCによると、ブラジルのネットユーザーは以前にもポルトガルのネットユーザーと対立したことがあるという。BBCのブラジル・オンライン編集長は「問題は、人種差別的発言に対応する時でさえ、多くののブラジル人が我を失って攻撃的かつ人種差別的な態度になることだ」と指摘した。



5 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:43:58.46 ID:x6OSJQ3W.net

ネットユーザーと対立w

何がどうなる?



12 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:51:18.65 ID:67NVo/jh.net

ブラジルには日本人が多いから、彼らは日本人の特徴は知っているだろう
アジアの人を対象にはしていないということだ



辛淑玉に続き蓮舫の夢を見る 民進・徳永エリ「彼女の本当の姿を見たような、何だかとても愛おしい気持ちになった。」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :ザ・ワールド ★@\(^o^)/:2017/07/23(日) 13:11:05.09 ID:CAP_USER.net

徳永 エリ

蓮舫議員の夢を見た。彼女の本当の姿を見たような、妙にリアルな夢だった。何だかとても愛おしい気持ちになった。
「もっと肩の力抜いていいよ!悔しいって言って大泣きしてもいいよ!」夢の中の私は折れそうなくらい細い身体の彼女を抱きしめた.....。
強い女性のイメージの蓮舫議員。私の夢の中の彼女と本当の彼女は違うのかなぁ。民進党の支持率もなかなか上がらない。

代表としては本当に辛いと思う。私たちに出来ることは、世間が何と言おうが今はじっと辛抱して、一人一人がしっかりブレない活動をして、
まずは個人個人の信頼関係から、民進党への信頼につなげて行くことなのだろう。総理大臣を信頼出来ないという国民が増えている中で、
その思いを受け止めるべき野党第一党が、支持率を下げているようでは国民に申し訳がない。頑張るしかない!!


辛淑玉です。

 一昨日、夢を見ました。
 着物を着た私が、蓮舫の部屋にいき、土下座をしながら「戸籍の公開は、止めてくれないか」と
お願いしているのです。何度も、何度も。
 目が冷めて泣いていました。初めてのことでした。
 とても恐ろしいことです。
 出自を公開する、その行為が、どれほど多くの人を差別のどん底に陥れるかを、差別と闘ってきた人は、誰でも、背筋が凍る思いで、瞬時に理解します。
日本社会でひっそりと生きている人達を恐怖の中に、そして差別のターゲットとして晒すことは止めてください。
 今回の開示がモデルケースとなり、おそらく、それを強要する行為が横行することになるでしょう。
 愚かな、あまりにも愚かな行為を、民進党内部からの要望でやるということの絶望を、どのように言葉にしていいかわかりません。
 どうか、被差別の当事者に実態を知ってください。
 これほど悲しいことが、続くことに耐えられません。
出典:香山リカ 公式ブログ – 辛淑玉さんからのメッセージ(記者会見に寄せて)

http://ksl-live.com/blog10036



3 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/23(日) 13:12:22.98 ID:YVNtnDQw.net

キチサヨ



17 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/23(日) 13:16:15.28 ID:4cIQiKoi.net

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?



カンボジアでは「韓国人男性との結婚」「日本刀所有」はNG

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :荒波φ ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 11:12:36.71 ID:CAP_USER.net

「カンボジアで禁止されている10のこと」リストには、韓国の男性との結婚禁止が含まれているという。

カンボジアの現地メディア「プノンペン・ポスト」は今月6日、「カンボジアで禁止されている10のこと」というタイトルの記事を載せた。禁止リストに挙げられている10の行為には、外国メディアやNGO(非政府組織)による有権者への選挙直前のアンケート調査、台湾・チベット国旗の掲揚などが含まれている。

また、アンコールワットなど観光地での外国人観光客のいたずら、タイ産鶏肉の輸入、コメを原料とした酒も禁止されている。極めて残忍な犯罪に使われるという理由で、日本刀(サムライ・ソード)の所有も禁止された。

母乳の販売もできない。カンボジア女性の一部は、ボディビルダーやガン患者、授乳ができない他国の女性などに母乳を販売して家族を養っていたが、関連産業が大きくなると、カンボジア政府はこれを禁じた。

大衆歌謡の一部も禁止対象に上った。独裁政権でしばしば見られるように、政権が不穏書籍や禁止曲を指定して表現の自由を制限し、社会のコントロールを試みているものとみられる。

さらに目を引くのは、韓国に関連した項目があることだ。禁止リストの10番目は「韓国の男性との結婚禁止」だった。カンボジア政府は、韓国人男性と結婚する女性のほとんどが人身売買の被害者とみて、結婚を禁じたのだ。同国政府は、2010年にもこのような措置を取った。


2017/07/26 10:49
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/26/2017072601105.html



2 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 11:13:46.02 ID:R2DFg7gy.net

日本もカンボジアを見習うべきだなwww



3 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 11:15:20.09 ID:pLDbEor0.net

中国の影響下にあるのに、中国より民主的



日本との関係の再設定~日本の右傾性と道徳律の伝統は変わらないと見て、冷静と度量を持った接近が望ましい

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/07/19(水) 22:14:27.99 ID:CAP_USER.net

韓日両国首脳はドイツG20会議で両国間協力活性化に合意しシャトル外交を復元することにした。慰安婦問題は両側の立場が平行線のまま懸案として残された。韓国政府は日本との関係推進のための方案として慰安婦など過去の問題解決と実質的協力関係推進を分離するツートラック(two-track)政策を推進すると見られる。

事実、ツートラック政策は前政府も試みた政策だ。しかし、この政策は水面下に潜む両国間の過去の問題が日本側の妄言などを契機に浮上し、国民感情が噴出して両国関係が梗塞し、日本との実質的な協力関係の凍結が繰り返され、これまで効率的ではなかった。ツートラック政策の進展のためには過去の歴史解決と実質的な協力関係の推進努力をバランス良く進める政府と国民の冷静な(cool)理性的接近が必要と見られる。

日本との関係再設定に向けた私たちの冷静な接近には日本のアイデンティティの洞察が役に立つだろう。最初は、日本国内右傾政権の永続性だ。日本の近代化を成し遂げた明治維新の理念に政治的ルーツを置く右傾勢力は伝家の宝刀の富国強兵に永久に執着する可能性が高い。日本の良心勢力は過去の歴史を客観的視点で見ているが、日本社会の主流になって執権代替勢力に成長することは期待薄だ。

従って帝国主義時代に関する日本の右傾的歴史観は変わらないだろう。日本は過去の歴史を忘却したのではなく、本心では神国の栄光ある歴史と見ており、韓国の植民支配に関する反省と謝罪は真正性がない通過儀礼に終わる。日本が過去の歴史を反省するということは、自らの歴史とアイデンティティを否定することで、これは日本の本性と世界観の限界の向こう側にあることを私たちは見抜いた方が良い。

二番目、日本人の倫理観だ。1899年、「武士道とは何か(Bushido、the Soul of Japan)」を執筆した新渡戸稲造は、西洋法学者が日本の学校では宗教教育がなく、学生たちに道徳教育ができない問題点を指摘したことを契機に自身に善悪の観念を悟らせたのが武士道であり、封建制度と武士道について知らずに現代日本の道徳観念は理解できない事実を悟ったと序文で明らかにしている。

「菊と刀」の著者、ルース・ベネディクトは、日本社会は絶対者の神の前に立つ人間の罪の文化ではなく、贖罪意識のない恥の文化と指摘する。恥の文化は道徳の基本体系を形成する原動力が罪の自覚ではなく恥辱感であり、恥をまぬがれることが先行する。

このような日本的な右傾性と道徳律の伝統は、人類共通の価値を幅広く共有できない閉鎖性に照らし、過去の歴史に対する日本の真の謝罪を期待するのは木によって魚を求めるようなものだ。日本との過去の歴史葛藤は一日にして解決できず、長久な時間が必要とされる課題と見るならば、私たちが韓日関係の再設定について冷静と度量の広さがある接近が望ましいと考えられる。

これに加えて、私たちの社会発展を通じて日本人たちが私たちに真の尊重感を持って見るようにすれば、私たちが願う真の謝罪ももっと早くなると考えられる。

シン・ギルス、元駐ギリシャ大使


ソース:京畿日報(韓国語) [世界は今]日本との関係再設定
http://m.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1375407



3 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/19(水) 22:15:50.16 ID:BsNLv7nV.net

信義留守



8 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/19(水) 22:17:39.45 ID:xMHHupOH.net

お互い関わらないという素晴らしい関係が望ましい。
頼むからいい加減そこに気付いてくれよ。



「慰安婦被害者の人権保護、韓日政府が共に努力を」

このエントリーをはてなブックマークに追加 
1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:35:29.18 ID:CAP_USER.net

http://japanese.joins.com/article/658/231658.html

韓国国家人権委員会は25日、慰安婦被害者の人権保護に対し、韓日両政府が積極的に取り組むよう求めた。

国家人権委員会はこの日、声明を発表して「韓国政府と日本政府に対し、慰安婦被害者の人権保護のために必要な積極的な措置を求める」と明らかにした。続いて「慰安婦制度は、第2次世界大戦とアジア民族に対する日本の帝国主義支配下で起きた性的奴隷化」とし「これは女性に対する重大な人権蹂躙(じゅうりん)であり、被植民少数民族に対する人権侵害であることは疑いの余地がない」と判断した。

2015年の韓日慰安婦合意については「被害当事者はもちろん、国民が十分に共感できずにおり、国際社会からも被害者の救済と真実糾明が不十分だとの指摘を受けている」と付け加えた。



26 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:55:41.72 ID:rn9OGnxn.net

解決済み無視でよい。



27 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/07/26(水) 06:55:51.54 ID:qKvFFZB/.net

これは前から言われてるやつだな
トンスルランドは自国民を制御出来なくて形だけでも日本がーのエンドレスパターン
まあ歴代の日本がやってきた行動でトンスラーを増長させちゃったのは間違いない事実だし反省しないとね



«  | HOME |  »